MoonlightGarden~馨の徒然日記~

1度きりの人生だから楽しまなくちゃと奮闘している双極Ⅱ型、パニック障害患者のブログ

仕事はすれども集中力は…

こんにちは。馨です。

今日は仕事、就労について。(※あくまでも私個人の状態です

 

治療の最優先事項

私は、双極性障害と診断された時には会社員として仕事をしていました。

1人暮らしで助けてくれる人もいない。働かないことには生活ができない。

なので、医師には仕事を続けられる状態であることを最優先にしてほしいと伝えました。

その後何回か転院することになるのですが、この最優先事項はずっと変わっていません。

現在まで、時短勤務の期間はあったものの中長期の休職をしたことはありません。

(転職は何度かしていますが…)

 

現在の就労と勤務状況

現在は事務職の正社員として勤務しています。(一般採用です)

当初はクローズにしていましたが、体調が不安定な為、直属の上司と人事部には病名及び状態を伝えています。

シフト制勤務なのを利用して、なるべく平日にも休めるようにと配慮していただいています。

評価面談等ではいつも、「業務態度やレベルは問題ないんだけど、当日欠勤の回数がね…」と言われます(汗)

 

求められる業務レベルと集中力

事務職といっても一種の専門性を求められる業務を担っているので、知識のアップデートは常に求められています。

また、頻繁に〆切に終われる為に正確性とスピードも同時に求められています。

 

私の場合、軽躁状態の時に過集中する傾向が強く、鬱状態の時は殆ど集中できません。

躁状態で過集中気味の時は、自分でもびっくりするほどサクサクと仕事が進むし、上司からは「食事して休憩してきなさい!!!」と怒られることもしばしばです。

本など活字に触れている時間が楽しくて仕方がなく、どんどん読み進めてしまうので、この時ばかりは本屋やAmazonでポチっと買い物などしたらとんでもない量を買い込んでしまうので要注意(汗)

仕事で必要な知識を吸収するにはこのタイミングしかないので、いつも詰め込み学習です(笑)

逆に鬱状態の時は集中するだけの体力気力がないのか、15分と同じことができません。

15分作業したら30分休憩…のように細切れに作業を進めるしかなく、調子が悪いと言葉の意味すら理解しづらくなります。

これは文字、記号、絵と分類はすんなりできるし読めるのですが、意味まで理解することができずに気持ち悪くなる(車酔いに似たような感じ)こともあります。

鬱も軽ければなんの影響もないんですけどね…

 

とにかく集中力の持続時間にムラがあるので、一緒に仕事をしている皆さんには調整等の迷惑をかけっぱなしだし、そもそも求められている業務スキルをきちんと身につけられているのかすら自分では怪しいよなぁ…と思っています。