MoonlightGarden~馨の徒然日記~

1度きりの人生だから楽しまなくちゃと奮闘している双極Ⅱ型、パニック障害患者のブログ

恐怖心との闘い

こんにちは。馨です。

 

前回の「認知の歪み」で、認知の修正をしていると書きました。

周囲からは「なぜ発作の出る所にわざわざ行くの?」という質問を頻繁に受けるので、自分の経験と考えを書いてみようと思います。

 

確かに【発作が出る(出やすい)とわかっているなら行かない】というのが一番発想しやすい自衛策なのかもしれません。

でも私の経験では、『発作の出る(出やすい)場所を避ける』というのは悪化に繋がりました。

発作の頻度が上がったり、症状が重くなったり。恐怖心が大きすぎて近づくことすらできなくなったり。


発作の起きやすい場所

発作を起こしたことがある場所や状況というのはそれぞれだと思います。

発作も、過呼吸を連想される方が多いのですが、過呼吸パニック発作は別物です。

 

私の場合、電車やバス、エレベーターといった密閉空間や、トイレの個室(自宅も含)、浴室も発作の起きやすい場所でした。
外出するだけでなく、自宅に居てさえ恐怖や苦しさから逃げられませんでした。

 

実際にやってみた(やっている)行動

実際のリハビリでは次のような事をしています。

原則として「限界まで我慢しない」ことです。


交通機関を利用する時

 ・1駅乗ったら降りる→落ち着いたら1駅乗る を繰り返す

   →少しずつ乗車している駅数を増やしていく

 ・特急や快速を利用せずに各駅停車に乗る

   →乗車できる距離が伸びたら、特急や快速に乗ってみる

 ・地下鉄ではなく、地上を走る路線を利用する 

 ・バスは座らずに運転席後ろに立つ(パーソナルスペースを最大限に確保する)


★エレベーターを利用する時

 ・1フロア移動から始める

   →駅のエレベーター等フロア階数が少ないものから

 ・他人と一緒に乗らない


★トイレを利用する時

 ・自宅のトイレのドアは開けたまま

 ・外出時は、状況や体調をみて多目的トイレを利用させてもらう


★お風呂の入りかた

 ・我慢せずに途中で休憩を挿む

  例)体を洗う→休憩→洗髪→休憩

 

★音に対する過敏症状

 ・イヤホンや耳栓を使用して、大きい音(サイレン等)や声を聞こえにくくする

 

★光に対する過敏症状

 ・サングラスをする


★安心できる人を見つける

  ↑これ結構重要。 一人で頑張らない!!



症状には個人差があるので必ずしもこの方法で克服出来るということではないです。
私にはそれなりに合っていたようで、発作の頻度が下がったり、軽くなったりという効果はありました。
発作が起きにくくなれば、徐々に出来る事を増やしていけるので、目標も立てやすく達成感も感じられるので、頑張ろう!!というモチベーションにもなります。


今は、トイレや浴室には普通に入れますし、電車もある程度の距離なら乗り続けることができるようになりました。
相変わらず、音や光には過剰反応してしまうので、工夫が必要ですが。


もし、こんな方法で克服したよ!こんな方法が良いらしいよ!
というのがありましたら是非教えてください。トライしてみたいと思います。

認知の歪み

こんにちは。馨です。

 

早速ですが、【認知の歪み】って知ってますか?

 

 

認知の歪み - Wikipedia


「認知」とは、その人が「物事の捉え方」「解釈する過程」のことです。

物事の捉え方、解釈の仕方がおかしくなってしまっているのが「認知の歪み」です。

「認知の歪み」はうつ病双極性障害、不安障害等の治療をされている方はもしかすると耳なじみのある言葉かもしれません。


私のパニック発作も「認知の歪み」が大きな原因です。

狭いところ、暗いところ、人の多いところ。

私の場合はこの、場所に対しての「認知の歪み」があり、極度の(病的な)不安感や恐怖心から発作を起こしやすくなっています。

大丈夫なんだ、発作は起きないんだという「認知の修正」を少しずつトレーニングすることで、発作を軽減させたり、起きなくさせていくという方法を続けています。

この辺りについてはまた次回。

 

身体的な症状のない「認知の歪み」もあるそうです。

これは、本人は全く気付かないものだと言われています。

私は「~しなければならない」「~するべき」という【すべき思考】という歪みがあるらしく、自分自身では気づいていなかったのですが、

「考え方の癖があるから直した方がいいよ」と指摘をうけたことでわかりました。

土砂降りの雨と雷

おはようございます。馨です。

 

雨の降るものすっっごい音と雷で目が覚めました。

どうやって出勤すんの??と一瞬考えましたが、小康状態の時に出ましょう!!といつもより2時間近く早く家を出る羽目になりました。

 

相変わらず音と光に敏感に反応してしまうので、雷雨の中の通勤は心配だったのですが案の定、駅に着くころには呼吸も浅く、手は震えておりました。

まぁ、電車もさほど混雑してないし通勤するには問題ないだろうとそのまま電車に乗ったのですが、blogを書いている今もメンドクサイ程度に震えています。

 

自然のものはどうしようもないんですが。。。

SNSとの馨的付き合い方

こんにちは。馨です。

 

今回はSNSについて。

自身は流行しているSNSには基本乗っかっておこうスタンスを取っています。

PCを使い始めた頃はBBSとかチャットが主流だったのになぁ…(←ネット老人ww)

 

今はFacebookTwitterinstagramと、blogの投稿をしています。

 

Facebook

Facebookフェイスブック)は、Facebook, Inc.が運営するインターネット上のソーシャル・ネットワーキング・サービスSNS)である。「FB」と略されることもある。

Facebook - Wikipedia

 

本名&顔出しで投稿しています。

双極Ⅱ型であることも私なので、病気の事や体調の事も投稿していましたが、

「病気のことばっかりだと萎える」とか「馨は自分の周りに病気の人を集めたいの?」等と言われるようになってからは投稿するのがしんどいなぁと感じています。

全体的にネットワークビジネスやコンサルの集客目当ての投稿が目立つよなぁと感じていて、ポジティブ教(※1)信者の多さに辟易しています。

 

(※1)

ポジティブ教信者…前向きに!!ポジティブに!!自分を信じて!!夢!!仲間!! と常に言っている人たちのことを馨が勝手に命名。鬱状態で信者に会ってしまうと余計に鬱を拗らせるので要注意(体験済み)

 

Twitter

Twitterツイッター)は、140文字以内の短文「ツイート」の投稿を共有するウェブ上の情報サービスである。Twitter, Inc.が運営する。

Twitter - Wikipedia

 

昔は定期的に呟いていましたが、現在は殆ど情報収集ツールと化しています。

電車の遅延情報や災害情報等は公式HPよりもTwitterの方が早かったりするので。

 

instagram

Instagram(インスタグラム)は、無料の写真共有アプリケーションソフトウェアである。

Instagram - Wikipedia

 

 最近のメイン。食事や気になったものを写真に撮ってあまり考えずにアップしています。

深く考えずに直感で出来るので気が楽だし、「写真撮りにでかけよう」という外出の動機にもなるので適度な距離感で付き合えているかも。

Facebookの友達がinstagramを利用していると同期できるので旧アカウントではもれなく同期していましたが、知り合いと繋がりたくないので、新アカウントに変更しました。

 

ブログ(blog)

ココ。

過去いろいろなblogサービスを利用してきたけど、いまのところはてなに落ち着いています。

各々のサービスの良し悪しがあるので一概にどこがいいとは言いにくいですね。

リアルの人間関係を持ち込みたくなくて、いつも誰にも教えずひっそりと運営してます。

なので、一番本音を語っている場所かもしれない。

 

馨的SNSとの付き合い方

基本的にいいねの数やコメントについては気にしないようにしています。

(さすがに、LINEのやり取りの最中の既読は気にしますけど…)

嫌気がさしたら一旦距離を置くということだと思います。

誰かが24時間365日投稿をチェックしていて、書かなければ殺される訳でもなし。

特に鬱状態の時はSNS(特にFacebook)からは意図的に遠ざかるようにしています。

SNSでいいねをもらうことより、自分の体調の方が大事ですからね。

お盆休み中の工事

こんにちは。馨です。

 

勤務先がテナントとして入居しているビルが、お盆休みなのであちこちで工事を始めました。

あっちでガーガーギーギー、こっちでは塗料のにおいがぷ~んと…

 

 

私は先日の記事の通り、聴覚過敏の症状があります。

moonlight-garden.hatenablog.com

 

工事の騒音は唯でさえ気になるのに、聴覚過敏の状態では余計です。

朝からずっと金槌でガンガンやっている音がしているのですが、呼応するように頭がガンガンします。

それに加えて、大きな音がするたびに身体がビクついてしまいます。

過緊張だと思いますが、腰や背中はバッキバキに固まって痛みを感じるくらいです。

 

せめて、工事の時くらいは案内するとか挨拶くるとかしてほしいものです…。

 

 

メモをする

こんにちは。馨です。

 

今回はメモをするということについて。

私は基本メモ魔です。

何でもかんでもメモしたがる、というか文字を書きたがるので毎日のToDoリストとかウザいくらいに文字だらけです。

って、そんな話をしたい訳ではなく。

 

毎日の症状や感情をメモするようにしています。という話。

 

★馨的 メモの取り方★

診断初期から気になった感情や症状はメモするように言われていました。

書き方は「自分が続けやすいようにしなさい」としか言われなかったのでとてもシンプルです。

 

①日付

②出勤日or公休日

③睡眠・食事について気になること

④気になった感情(イライラ・落ち込む・泣きそう・嬉しい・楽しいなど)  です。

 

たったこれだけです。

 

★馨的 メモのメリット★ 

治療の経過によって通院間隔はそれぞれですが、私の場合3週間に1度のペースです。

なので、日常の小さな変化というのはメモしていないとどんどん忘れてしまいます。

出勤日と公休日でどのような変化があるのか、睡眠や食事の変化の波はどうか等、通院時に医師と話しきれなくてもノートを渡してしまえば全て読んでもらえます。

また、通院時に鬱々としていてもノートさえ渡してしまえば話も最小限に抑えてもらえます。

 

★馨的 メモのデメリット★

個人的にはあまりデメリットは感じていませんが、筆記具を持ち歩くのがメンドクサイとか、安定期には書くことがなくなってくるとかでしょうか。

 

自傷行為・自傷衝動について

こんにちは。馨です。

 

今回は自傷行為自傷衝動についてです。

 

私も昔は常に自傷衝動に駆られていました。

といっても、所謂リストカットはしたことはありません。

手足の指先から皮膚をそーっと捲っていくという感じで、カッターナイフの刃でゆっくりと皮膚を剥ぐという行為に没頭したことがあります。

乱暴にしない限り出血もないんですが、日常生活の中でじわじわと痛みが自分を襲ってきます。

手指の場合、手を洗えば沁みるし物が当たると激痛。足の場合、歩くだけで激痛という状態。

ベッドに横になって訳も分からず泣きながら自分の首を絞めたこともありますし、自室の壁に激突し続けるというのもありました。

 

 

自傷の頻度が下がったのは実家を飛び出し、環境が変わった頃です。

たぶん私にとっての自傷行為は、ストレスの捌け口としての行為と、親からの期待通りに動けない自分への懲罰行為だったのかなぁと思います。

今も、会社で上司からの期待に応えられなかったときや冷ややかな視線を向けられると、無性に自分を傷つけたくてたまらなくなります。